申し訳ありませんが、まだデータがありません。

意味

お寺

元々、この葬儀や葬式と言う物は死んだ人の為に行う物では無く、残された人の気持ちに整理を付ける為に行う物でした。葬儀には独特の決まり事やルールがあり、その土地によって更にルールは変化します。一般的なルールとして、葬儀をする前に通夜を行います。通夜を行う時には誰か1人が故人につきそい、火を焚き続けて寝ずに夜をすごさなければいけない事になっています。これは魔を寄せ付けない為に行われていた行為ですが、現在 »続きを見る

変わる

葬儀

日本の葬儀はとにかくお金がかかる事で有名です。今豪華でもない普通の葬儀をしようと思えば、かかる費用は平均でも300万円となっており、中々高額です。そこにはお寺へのお布施やお墓を作るのに必要な代金は書かれていない為に、実際にはコレ以上のお金が必要になります。昔は経済が安定しており、両親にも蓄えや遺産が十分にあり、更には兄弟がいてそれぞれが安定した職についている事が前提だった為に、葬儀費用はそれほど問 »続きを見る

流れ

お墓参り

葬儀開始から火葬となり、お墓へ埋葬されるまでは決まっている流れがあります。まず、病院から連絡を受けて死亡を確認すれば、そのまま医師に死亡診断書を書いて貰う事になります。その間に葬儀屋へ連絡をつけ、一式葬儀するのか家族葬にするのか、あるいは直葬なのかと言う葬儀プランを決定します。死亡診断書を受け取ればそのまま遺体と共に病院を後にし、斎場へ向かいます。 葬儀屋へ準備を任せたら、死亡診断書を市役所へ提出 »続きを見る

変化

お墓参り

日本はそれまで土葬で葬儀を行っていました。火葬が利用されるようになったのは700年頃からであり、中国から仏教が伝わってきた事が始まりと言われています。火葬が行われていた事は事実でも、まだその方法は一般的では無く僧侶や貴族等の限られた人が行うような事でした。 火葬が定着し、家族葬のような行為が行われるようにおなったのは平安時代に入ってからであり、一般市民も利用するようになっています。鎌倉時代や室町に »続きを見る